2018年05月24日

情熱こそ魂

意義だけでは無い、心から込み上げてくる「情熱」の尊さを、何より感じさせて頂いた「民族芸能のつどい」でした。まるで、波紋が広がるかの様に、人々の心に問いかけ、心動かしていっている「さくら合唱団」「武州民族音楽教室ゆいの会」の皆さんの姿を眩しいばかりに見させて頂きました。これまでの活動に裏付けされた思いの深さに、どれだけ応えられるのだろうかと、最後まで闘いでした。昨年のフェスティバルの感動を胸に、早速今回の催し物を企画され、今回頂いたこの感動を元に、私達も新たな一歩を踏み出す事だと思っています。ありがとうございました。
演目:水口囃子、寿獅子、秋田大黒舞、もちつきばやし





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から)
「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)
「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から)
幸せをつくる集い
1回1回の公演を大切にする意味
歴史的な存在に気づくとき
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-18 06:01)
 「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-08 15:45)
 「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-07 14:06)
 幸せをつくる集い (2018-05-31 20:26)
 1回1回の公演を大切にする意味 (2018-05-25 20:05)
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:39)

Posted by シティーライフ花こま at 15:55│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。