City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › 「怖さ」を考える(秋の猿まわし&花こま公演)

2018年11月14日

「怖さ」を考える(秋の猿まわし&花こま公演)

園長先生曰く、「映画やテレビなどで、グロテスクなシーンを喜んで見ている子ども達が、獅子舞にこんなにも怖がるなんて!」。白昼堂々と広い広場の真ん中で演じた「獅子舞」への反応に驚かれたようです。「怖い」といっても、見捨てられる「怖さ」、命を奪われる「怖さ」など、様々な「怖さ」がありますが、私達の祖先は、壮大な自然からの恵みを頂いている感謝を感じながら、時には身近な命さへ奪う自然の猛威に落胆し、自然との付き合い方を考えたんだと思います。一層、人間として高まっていく事で、その「怖さ」を克服していこうとした生きざまを「獅子舞」から感じています。どうも「怖さ」の種類が違うのかも知れません。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、猿まわし、寿獅子





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
積極的な提案が、
私たちの役割とは?
情熱とその努力!
とにかく大成功!
園長先生の長年の努力(秋の猿まわし&花こま公演)
揺れ動く気持ちを乗り越えて(秋の猿まわし&花こま公演)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 積極的な提案が、 (2018-11-22 18:10)
 私たちの役割とは? (2018-11-21 22:27)
 情熱とその努力! (2018-11-20 23:43)
 とにかく大成功! (2018-11-16 14:09)
 園長先生の長年の努力(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-11-15 12:19)
 揺れ動く気持ちを乗り越えて(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-11-13 13:31)

Posted by シティーライフ花こま at 09:47│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。