City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › 先人が生み出した芸能が今も子供たちに(秋の猿まわし&花こま公演)

2018年11月05日

先人が生み出した芸能が今も子供たちに(秋の猿まわし&花こま公演)

園児達は盛んに「可愛い!、可愛い!」と連呼します!まるで、ぬいぐるみが動いているとでも感じているのでしょうか?綺麗な毛並み、愛らしい顔つき、まるで人間の様な動きの数々。人間がする仕草を、それを真似て演じてみせる「所作芸」の数々。「正座」「涙が出たのでハンカチで目頭に当てる」「赤ちゃんをおんぶする」「赤ちゃんを抱っこする」「赤ちゃんにお乳を与える」「赤ちゃんに手枕して寝かす」「正座でお辞儀」よくもこんな仕草を、昔の人は猿に演じさせようと考え付いたものだと驚かされます。大勢の人前では恥ずかしいのか、少々自信無げな「鉄平君」、ゆっくりでいいからお客さんに慣れていって下さいね。
演目:南京玉すだれ、そーらん節、寿獅子、猿まわし





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
侮るなかれ保育園!
できることを持てる力の限り
怖いと感じる彼の感性
ささやかなプレゼント!
身に余る幸せ!
先輩の言葉生きています!
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 侮るなかれ保育園! (2019-04-18 11:48)
 できることを持てる力の限り (2019-04-15 11:53)
 怖いと感じる彼の感性 (2019-04-13 10:18)
 ささやかなプレゼント! (2019-04-12 11:27)
 身に余る幸せ! (2019-04-11 08:44)
 先輩の言葉生きています! (2019-04-10 22:01)

Posted by シティーライフ花こま at 00:11│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。