City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › ふるさとは遠きにありて思うもの

2018年10月10日

ふるさとは遠きにありて思うもの

買い物、趣味、テレビ、行楽など、60年前には到底できなかった楽しい事が、今では生活の中に満ち溢れています。そんな楽しい事など少ない時代に、発明された行事の一つに「秋祭り」があるんだと思います。牛馬を使ったとて、ほとんどの作業を人力で成し遂げた「稲作」、こんな重労働の後には、苦労を共にした皆さんとどこかで「打ち上げ」は必然だったでしょう。天候、作物の取れ高など人間の意思でどうこうできませんので、神様にお願いするしかありません。豊かな時代になっても、人間の記憶の中には「秋祭り」への郷愁は拭い切れないものです。
演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、サムルノリ、もちつきばやし





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
時代とともに
一芸入魂
「月」にあやかる
平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市)
今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市)
今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 時代とともに (2018-10-11 11:41)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:28)
 「月」にあやかる (2018-10-04 09:26)
 平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市) (2018-09-27 22:10)
 今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市) (2018-09-26 20:54)
 今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市) (2018-09-25 09:16)

Posted by シティーライフ花こま at 13:01│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。