City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › 「月」にあやかる

2018年10月04日

「月」にあやかる

非日常というものは、いつもとはまた違う一面を見せてくれるものです。今日はお月見を楽しもうと、保育園を離れ、とあるレストランの中庭へと場所を移しました。子ども達は、好奇心がくすぐられたのでしょう、到着するなり浮かれ出し、まるでお祭りの様でした。薄暗さも手伝ってか、大人や子ども達の興奮も、高まるばかりです。興奮し過ぎて、お月さんの事などすっかり忘れてしまったのでしょうか、美味しい「きな粉餅」の味覚を肴に、友達・親子・先生方の会話で盛り上がり、お互いの交流を深めた「観月会」となりました。
演目:もちつきばやし×2回





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
時代とともに
ふるさとは遠きにありて思うもの
一芸入魂
平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市)
今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市)
今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 時代とともに (2018-10-11 11:41)
 ふるさとは遠きにありて思うもの (2018-10-10 13:01)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:28)
 平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市) (2018-09-27 22:10)
 今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市) (2018-09-26 20:54)
 今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市) (2018-09-25 09:16)

Posted by シティーライフ花こま at 09:26│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。