City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › 一技入魂(福島県福島市)

2018年09月20日

一技入魂(福島県福島市)

原発事故から7年半、福島第一原発事故による原子力緊急事態宣言は今も発令中です。原子炉からは毎時約9万ベクレルの放射能物質が空中に放出され、海にも流れ出ています。国や福島県が打ち出した2017年の大規模な避難解除は、原発問題がすっかり解決したからではありませんでした。避難解除とは、年間の放射線量が20ミリシーベルトを下回るという基準で行われるために、事故前の放射線量まで下がってない事に、不安を感じる人はたくさんおられます。逆に、年間20ミリシーベルトの被爆を住民の皆さんに押し付けているんじゃないかと、胸が痛みました。(日本の平均放射線量2.1ミリシーベルト)
演目:水口囃子、寿獅子、そーらん節、南京玉すだれ、車人形





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
時代とともに
ふるさとは遠きにありて思うもの
一芸入魂
「月」にあやかる
平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市)
今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 時代とともに (2018-10-11 11:41)
 ふるさとは遠きにありて思うもの (2018-10-10 13:01)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:28)
 「月」にあやかる (2018-10-04 09:26)
 平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市) (2018-09-27 22:10)
 今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市) (2018-09-26 20:54)

Posted by シティーライフ花こま at 16:44│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。