City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › 今、わたし達にできること(福島県川内村)

2018年09月17日

今、わたし達にできること(福島県川内村)

原発事故で全村避難され、帰村され2年が過ぎました。志田村議は、「私達より、今の若い人達、その孫子までもがこの村で元気で暮らして行けるのか、皆さんに、ぜひそれを見届けて欲しい」と語ります。全品放射能チェックで異常なしの地元野菜を、一般店頭価格より安い値段での販売や、焼き鳥販売など、職が無いこの村で、どのように自立して営んでいけるのか日々奮闘しておられます。この日は、郡山仮設住宅時代に被災者支援を続けて来られた皆さん、こまの会の皆さんと一緒になって、川内村の皆さんに喜んで頂こうと一緒に伺いました。昨年は、「えっ、もう終わり?」と言われたので、今年は2時間演目で伺いました。
演目:寿獅子、南京玉すだれ、新曲まんざい、もちつき×2臼





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
時代とともに
ふるさとは遠きにありて思うもの
一芸入魂
「月」にあやかる
平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市)
今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 時代とともに (2018-10-11 11:41)
 ふるさとは遠きにありて思うもの (2018-10-10 13:01)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:28)
 「月」にあやかる (2018-10-04 09:26)
 平均年齢90歳、その秘密とは?(兵庫県神戸市) (2018-09-27 22:10)
 今、わたし達にできること「一技入魂」(福島県福島市) (2018-09-26 20:54)

Posted by シティーライフ花こま at 14:08│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。