City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › つぶれそうなくらいの期待の大きさ(福島県郡山市)

2018年08月17日

つぶれそうなくらいの期待の大きさ(福島県郡山市)

東日本大震災から7年が経ちました。私達にできる事は、未曽有の被災を経験した皆さまを忘れず、通い続ける事かなと思い、福島県の知り合いを尋ね続けて6年目となります。今年も可能な限り公演させて頂きます。さて、今日は、デーサービスの皆さんを尋ねました。3年前にも伺ったところですが、利用者、職員の方も大幅に変わられ、初めての方もおられたのですが、歓迎の仕方が尋常じゃない!期待の大きさにつぶれそうなくらいの熱烈歓迎ぶりでした。公演中、お花が飛んで来るは、飛んで来るは、人形で会場を回ると、お金を模した首飾りを掛けて下さり、まるで健康ランド出演の、旅の一座の様でした。拍手拍手、掛け声で、興奮収まらぬ時間を過ごしました。
演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、車人形





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
積極的な提案が、
私たちの役割とは?
情熱とその努力!
とにかく大成功!
園長先生の長年の努力(秋の猿まわし&花こま公演)
「怖さ」を考える(秋の猿まわし&花こま公演)
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 積極的な提案が、 (2018-11-22 18:10)
 私たちの役割とは? (2018-11-21 22:27)
 情熱とその努力! (2018-11-20 23:43)
 とにかく大成功! (2018-11-16 14:09)
 園長先生の長年の努力(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-11-15 12:19)
 「怖さ」を考える(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-11-14 09:47)

Posted by シティーライフ花こま at 23:04│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。