City-Lifeブログ花こま旅日記 › 伝統芸能 › 1回1回の公演を大切にする意味

2018年05月25日

1回1回の公演を大切にする意味

先日の、「民族芸能のつどい」で頂いたエネルギーからなのでしょうか、今日の表現は違っていました。勿論、お客さんによって変わるのですが、何か今まで足を踏み入れた事の無かった領域に、身を置いた様な感じでした。公演後、主催者の皆さんとの交流会でも、メンバーの感想が今までとは違っていました。初めて公演を見て下さった方からは、「そんなにも期待していなかったんですが、もう最初の太鼓演奏から、すっかり心を奪われました!」と、感想を寄せて下さいました。これからも歩みを止める事なく、前を向いて、全身全霊で精進していく事かなと思っています。この様な機会を頂き、本当にありがとうございました!
演目:水口囃子、寿獅子、花田の子守唄、車人形、南京玉すだれ、もちつきばやし





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から)
「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)
「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から)
幸せをつくる集い
情熱こそ魂
歴史的な存在に気づくとき
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-18 06:01)
 「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-08 15:45)
 「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-07 14:06)
 幸せをつくる集い (2018-05-31 20:26)
 情熱こそ魂 (2018-05-24 15:55)
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:39)

Posted by シティーライフ花こま at 20:05│Comments(0)伝統芸能
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。