City-Lifeブログ花こま旅日記 › 2018年11月05日

2018年11月05日

商品はたくさんあるけれど...。(秋の猿まわし&花こま公演)

「私、生まれて初めてなの!」「嬉しかった!」意外とあちらこちらからそんな声が飛び交っていました。こちらの施設に通われている皆さんは、一度はきっとどこかで見た事があるんじゃないかと、勝手に思っていました。東北などへ伺うと、綺麗な衣装を着飾った「鬼剣舞」の練習風景や披露公演の様子が、ネットで盛んにアップされています。それと比べると少々寂しい気持ちも致します。秋祭り真っ盛りのこのシーズン、地域独自の伝統行事は盛んに行われてはいますが、この広い日本にある様々な皆さん方の文化を、もっともっと知っていく事って、とっても大切なんじゃないかとふと思いました。スーパー量販店に行けば、まるで博物館の様に様々な商品が陳列されているこの時代に、まだまだ知らない文化・芸能って山ほどあるのでございます。
演目:秋田大黒舞、猿まわし、寿獅子



  


Posted by シティーライフ花こま at 17:08Comments(0)伝統芸能

2018年11月05日

先人が生み出した芸能が今も子供たちに(秋の猿まわし&花こま公演)

園児達は盛んに「可愛い!、可愛い!」と連呼します!まるで、ぬいぐるみが動いているとでも感じているのでしょうか?綺麗な毛並み、愛らしい顔つき、まるで人間の様な動きの数々。人間がする仕草を、それを真似て演じてみせる「所作芸」の数々。「正座」「涙が出たのでハンカチで目頭に当てる」「赤ちゃんをおんぶする」「赤ちゃんを抱っこする」「赤ちゃんにお乳を与える」「赤ちゃんに手枕して寝かす」「正座でお辞儀」よくもこんな仕草を、昔の人は猿に演じさせようと考え付いたものだと驚かされます。大勢の人前では恥ずかしいのか、少々自信無げな「鉄平君」、ゆっくりでいいからお客さんに慣れていって下さいね。
演目:南京玉すだれ、そーらん節、寿獅子、猿まわし



  


Posted by シティーライフ花こま at 00:11Comments(0)伝統芸能